今日のカードまとめ①はこちら

ツイッターで連載している『異世界ギルドマスターズ』今日のカードのまとめです。
文字数制限で書けなかった分を少し加筆しています。


ソフィア1_アートボード 1

ソフィア2_アートボード 1

ソフィア3_アートボード 1

『主なきメイド ソフィア』
仕えるべき主を探し求めるメイドさん。生活タグを獲得するとゴールドを得るという、シンプルで強力な効果を持つ。生活タグを持つカードはクセのない効果が多いので、とにかくカードを出しまくりたい人にオススメ。
ちなみにソフィアの黒面は「拠点を立てるとゴールドをもらえる」効果なので、とにかく「家」に縁のある受付嬢。メイドだしね。



4tトラックの残骸_アートボード 1
『4tトラックの残骸』

迷宮ドロップ品シリーズ。異世界転生の影の主役の登場です。その残骸は異世界の技術の塊で、ドローとゴールド生産を同時に行え、貴重な「ジャンク」タグも供給してくれるニクい奴。中盤を支える渋いカードです。
テスト中「4tじゃ小さくない?」という突っ込みもありましたが、語感重視でそのままになりました。


アイドルプロデュース_アートボード 1
『アイドルプロデュース』
「人物」タグ(イラスト付きのカードが主に持つ)が条件の珍しいカード。キャラクターをアイドルデビューさせて名声を稼ぐよ! 魔女も勇者も大賢者も、人狼の女王だってあなたの手に掛かれば立派なアイドルに!
このカードと対をなす『ギルドのアイドル』(受付嬢が対象)もあり、2枚とも出せばプロデューサー気分が味わえること請け合いです。



大賢者プレッツェル_アートボード 1
『大賢者プレッツェル』

異世界の武器に魅せられた大賢者さんの登場です。ゲーム中最強の特別アクションを持ち、毎ターン、ポーションから爆発的にパワーを生み出せますが、登場するのがゲーム終盤なので思ったように暴れられない。非常に玄人好みのカードです。その叡智と狂気は、果たして世界に何をもたらすのか。



異世界ラーメン食堂_アートボード 1
『異世界ラーメン食堂』

いせギルなら異世界でラーメン屋を開けます! 必要なものは……うーんとにかくいっぱい! そこそこの性能の中量級カードですが、冒険者をラーメン屋に転職させることで勝利点が跳ね上がります。ただしその冒険者は永久に帰ってこないので、その分探索回数が減ってしまう悩ましいカードでもあります。



蒸留酒_アートボード 1
『蒸留酒』
商人プレイの代表的なブーストカード。1ターンに1回、ポーションを大量のゴールドに変換することができます。ただ、その為に1アクション消費してしまうのがキモで、終盤は使用する余裕が無いことも……。元になるポーションはあおじるでもラーメンのスープでも何でもOKです。
ちなみに、特別アクションでゴールドを得られるカードは、すべて「商売タグ」で得られるゴールドを増やすことができます。



聖水の余剰在庫_アートボード 1
『聖水の余剰在庫』

進入禁止タイル「奈落の穴」を獲得し、進入可能なタイルに変更する特殊な効果を持つ「浄化カード」の1枚。奈落の穴タイルは非常に有用ですが、浄化することで他プレイヤーの探索を手助けしてしまうこともあり注意が必要。探索で先行するつもりなら確保しておきたいカードです。



聖女マカロン_アートボード 1
『聖女マカロン』

追加コストも含めると、ゲーム中最も重いコストを持つマスコット的聖女さま。インタラクションの2大要素である秘薬アクションと「奈落の穴」に強力に絡む能力を持ち、中盤以降ならほぼいつでもプレイ可能。タイミングさえ見切れば凄まじいアドバンテージを得ることができる。
なおテスト中に最大回数のナーフ(弱体化)を受けたキャラ。現状は「誰でも使える分やや使いづらい」程度に収まっているが、以前はマカロンゲーと呼ばれた時期もありました。



火吹き山のドラゴン_アートボード 1
『火吹き山のドラゴン』
いつでも35コストを支払えば4勝利点を得られるレガリアカード。このレガリアが共通場(+1点)に出た場合、どのプレイヤーがどのタイミングで35コストを支払うのか、非常に緊張感のある駆け引きが楽しめる良カード。カード名はもちろん超有名ゲームブックのリスペクト。



ホワイト1_アートボード 1

ホワイト2_アートボード 1

ホワイト3_アートボード 1
『異世界のホムンクルス ホワイト』

大トリを飾るのは、テストプレイヤーにもファンが多い最年少(?)の受付嬢。手札を多量のゴールドに変換できる能力は、ゲームプレイを根幹から変えてしまうほど強力。ランク3の「文明トラックを操作する」能力も唯一無二で、非常に魅力的なカードである。
なおテストプレイヤーにもファンが多く、黒面は「ブラックちゃん」と呼ばれて親しまれている。