こちらは『異世界ギルドマスターズ』追加ルールのコーナーです。
随時追加してゆきます。
なお【試作版】と書かれているものは、予告なく調整・変更・削除の可能性があります。


「露店のおばちゃんの導き」ルール

※追加ルール「セットアップドラフト」とは併用できない。

すべてのプレイヤーは、初期の手札8枚を確認したあと、好きなカードを5枚まで選び、裏向きで捨て札にします。その後、捨てたカードと同じ枚数だけカードを引き直します。全員がこれを行った(もしくはパスした)あと、捨て札を山札と合わせてシャッフルし、新しい山札にしてください。
その後、通常通りカードの購入を行います。

ルールの目的:初期手札事故の緩和。ドラフトほど難しくなく手札を厳選できる。



【試作版】「噴出する瘴気」ルール(2~3人用)


ゲーム開始前に以下の準備を行います。
・☆0の迷宮タイル(ジャンクタグ1つのみ付いているもの)をすべて抜く。
・追加ルール「高難易度ボスタイル」を使用する。
・ゲーム開始時の「瘴気濃度」を「+5」する。

ルールの目的:事故的にゲームが終わってしまうのを防止する。長くじっくりとプレイできる。




「暴露迷宮」ルール(上級者用)


各迷宮マップの初期公開タイルを、以下のものに変更します。(クリックで拡大)
「禁止区域の設定」ルールを使用する場合は、禁止区域のエリア(二枚重ねるタイル)は公開されません。

2~4人用
迷宮タイル置き場(暴露)_アートボード 1

4~5人用
迷宮タイル置き場・5人用(暴露)_アートボード 1


ルールの目的:「探索」アクションの戦略性の向上。ある程度計画的に迷宮タイルを獲得出来るようになるため、見通しが立ちやすい。



「お手軽迷宮」ルール(短時間プレイ用)

チュートリアルマップを使用することで、通常よりも短い時間で『異世界ギルドマスターズ』をプレイするルールです。
チュートリアルルールから、以下の点を変更します。

・瘴気濃度は右の数値とする。【2人プレイ:15】【3人~5人プレイ:20】
・チュートリアル妖精ではなく、通常の受付嬢カードを使用する。
・セットアップで配られるカードは、通常ルールに従って購入する。
・受付嬢選択後、初期資産に「10ゴールド(所持数)」を追加する。

チュートリアルと同様、レガリアは使用せず、
準備の時間があるなら説明書に指示のあるカードを抜いてください。

↓チュートリアルマップの初期配置(ボスは☆2を使用)※説明書のものと同じです

迷宮タイル置き場・試遊用初期配置_アートボード 1