サークル「六角えんぴつ」

アナログゲーム制作サークル「六角えんぴつ」のブログです。 『オレとオマエの異世界転生』再販作業中です。

コラム

コラム第九回 『ニンジャがやってくれました!(追加パック情報)』

オレ転コラム第一回はこちら



1.5テイザー見出し1-01


(ニンジャガール)
こ・れ・が!! 拙者が某所に忍び込んで、盗ってきた、追加パックの情報でござる!! どややっ!!
森の奥に隠れた魔女の庵s
(森の奥の魔女)
おお、芸術的なドヤ顔。あれ? こんな所に付箋が落ちてる。
……4月9日公開予定? これ今日じゃないかしら。
失われた歴史を知る竜族の長老s
(竜族の長老)
つまりアレか。こやつは、今日公開される情報を盗ってきて、盛大にドヤ顔かましておるわけか?
…………くっ、殺すでござるっ!
森の奥に隠れた魔女の庵s
女騎士のセリフを盗っちゃダメ。剽窃で裁判になったら負けちゃう。
ならばっ! 「くっ、自爆するでござるっ!」か! いやむしろ「ニンジャは汚いものだよ」とニヤリとするほうが渋いか……
失われた歴史を知る竜族の長老s
ほれほれ、新人いびりは止めんか。せっかく手に入ったのじゃ。仲良く見てみようではないか。
……魔女、お主は、古来の伝承には詳しかろう?
森の奥に隠れた魔女の庵s
長老さまほどではないけれど、一通りは。この絵姿。
『強欲の王』、だね。特徴が一致する。
失われた歴史を知る竜族の長老s
うむ。"烏の王" "万物の強奪者" "夜天の支配者" などなど。
様々な二つ名を持つ、『強欲』を司る魔王、ミシュナ。
聞いたことがあるでござる。夜を渡り、影を渡る魔王。あらゆる財宝を煙のように奪っていくという、ニンジャの天敵でござるよ。
森の奥に隠れた魔女の庵s
まあ『強欲の王』については、後でまた触れようか。
追加パックだけど。カード30枚? 少ないね。
失われた歴史を知る竜族の長老s
基本セットに枚数の都合やテスト不足で入れられなかったカードを集めたそうじゃぞ。
ほれ、転生もので良くあるチート能力『召喚魔法』『コピペ魔法』、前世カード『本の虫』、あとは勇者カード『病弱な王子』とかの。あるあるじゃろう?
森の奥に隠れた魔女の庵s
『ニンジャガール』はそれほど「あるある」でもない気がするけど。
失われた歴史を知る竜族の長老s
あれは…… シーフ系の女の子がいない、という声に応えて作っていたら、いつの間にかあんな感じになったそうじゃ。
他にも、追加ルール用のカードや、ゲームプレイを円滑にするための「祝福カード」などが入っておる。
たった30枚とあなどるなかれ。もりだくさんじゃぞ!
森の奥に隠れた魔女の庵s
お値段も1000円だし、本体と一緒でも買いやすいかも。
それで、あの子は何をやってるの?
「強欲の魔王! 貴様に奪われた財宝、今度は拙者が奪い取る番でござる! 覚悟ッ!!」
……うん、手裏剣はこう、背負うように斜めに構えて。よしよし、カッコイイでござるよ…!
よし魔女殿、ちょっと練習に付き合って―
森の奥に隠れた魔女の庵s
(イラッ) いいわよ。私が魔王役ね? それじゃあ。
あれ、なんでござるかこの魔力? 魔女殿の回りに、ヒッ!? 積層型魔方陣!? あれ最低でも超級の召喚魔法でござるよ!! 忍法・影渡り!!
森の奥に隠れた魔女の庵s
『影の獣は鋭角より来たれり』
ぎゃっ!? こ、この気持ち悪い犬っ! 拙者のお尻をっ! 噛む! ひぎゃっ!! たすけっ!!
失われた歴史を知る竜族の長老s
それでは、次回は追加ルール『フリークエスト』の説明をするとしようか。
楽しみにしておるのじゃぞ!

……それまでに、あの娘の尻がなくならなんよう、祈っておいてくれ。





〈「オレ転1.5」カード紹介〉




トラックドライバー-01
竜:お前が転生するんかい!!

魔:テストプレイヤーのほぼ全員がそうツッコんだ。大成功。
竜:いいのかそれで。まあ、トラックが転生するネタは実際あるしの。ドライバーごと転生したところで問題はないか。というか、探せばありそうじゃな。
魔:で、効果は……遭難?
竜:遭難しとるな。これ、無事に城まで辿り着けるんじゃろか……
魔:ほら、能力も武技+1だから、きっと孤高のガテン系だよ。ストイックにモンスターを殴り倒す、男の脈動する筋肉、飛び散る汗……。
竜:最近はおっさん転生も多いようじゃな。菅○文太が転生したらゴブリンの森に……とか、アリじゃないかの!
魔:アリ。誰か書いて。疲れが空の彼方に吹っ飛ぶポーションを100本セットであげるから。
竜:(いかん、こやつ目がマジじゃ……)

コラム第八回 『追加パックが出る、だと……!?』

オレ転コラム第一回はこちら



失われた歴史を知る竜族の長老s
(竜族の長老)
(ムシャムシャムシャ……)あー美味い。勇者がケーキ屋とは、平和な時代になったものよの。この「なまくりいむ」なるフワフワが最高じゃ。どれ、ひとっ飛びしてもう1ホール……
森の奥に隠れた魔女の庵s
(森の奥の魔女)
長老さま。もうカメラ回ってる。
失われた歴史を知る竜族の長老s
何を言うておる。コラムの撮影はもう三ヶ月も前に終わったではないか。
……って本当に回っておる!

・・
・・・
どれ。儂が世界のあらゆる叡智を束ねる、知らぬものなどなき竜族の長老じゃ。
この世界の事なら、何でも聞くがよいぞ?
森の奥に隠れた魔女の庵s
長老さま。口元に生クリームが。
失われた歴史を知る竜族の長老s
ええい台無しじゃな!!
見ろ、知らぬものなき、と言うたところで、勇者の世界の甘味一つに惑わされる。知識などそんなものじゃ。
体験は多くの場合、知識に勝るもの。じゃからな、ぜひこれをご覧の皆様も、こう、『オレ転』を一つポチッとじゃな。
森の奥に隠れた魔女の庵s
そのことで発表がある。これ。
失われた歴史を知る竜族の長老s
なになに? これは、あの駄女神からの手紙?
『今度は強欲と色欲の魔王が目覚めちゃったので、新しく勇者を送りま~す☆ よろしく!』

…………おい、いま儂は堪忍袋の耐久力を試されておるのか?
森の奥に隠れた魔女の庵s
私も天界へゲートを開く魔法の研究を始めた。
失われた歴史を知る竜族の長老s
殴り込みの際には絶対呼ぶのじゃ。一族郎党連れて駆けつけるぞ。
と、いうわけで。あの駄女神の不行状、ではなく、新たなる魔王の目覚めにより、再びこの世界に戦乱が訪れる。
新たな二柱の魔王。新たなキャラクターカード。そして新たな追加ルールを引っ提げて、
『オレとオマエの異世界転生1.5』
が、ゲームマーケット春(5/14)にて新発売じゃ!!
森の奥に隠れた魔女の庵s
すごい。売れれば出すって言ってたけど、本当に出るとは。
失われた歴史を知る竜族の長老s
しかし追加パックということは、儂らの出番はあるのか?
森の奥に隠れた魔女の庵s
残念ながら、100個も出回っていない現状で大がかりな追加パックを出す勇気はなかったみたい。
クエストカードは全部そのまま使うから、新しい勇者も私の庵でせっせとポーションを作ることになる。
大丈夫、優しくするよ?
失われた歴史を知る竜族の長老s
最近妙に勇者が儂の尻尾を見つめてくるんじゃが、やらんからな!
しかし追加パックの解説も儂とお主の二人でやるのか。代わり映えしないのう。
森の奥に隠れた魔女の庵s
そう言うと思って、オチ担当を用意してみました。わ~ぱちぱち。
(ニンジャガール)
シュタッ! オチ担当のニンジャガールでござる! お館様の為なら、西へ東へ神出鬼没!
で、オチって何でござる?
失われた歴史を知る竜族の長老s
(小声)よし! これで儂がヨゴレにならなくて済むぞ!

これは頼もしい助っ人じゃな! 期待しておるぞ!!
はい! 頑張るでござるよ!! で、オチって何でござるか?
森の奥に隠れた魔女の庵s
と、いうわけで。コラム第二期、はじまるよ。
次回から追加パックの内容について解説していきます。
失われた歴史を知る竜族の長老s
楽しみにしておるのじゃぞ!
で、オチって何のことでござるか? あの、先輩方? どうしてさっさと帰ろうとするでござる? えと、あの……




〈「オレ転1.5」カード紹介〉




魔女:それは影に潜むもの。荒野の戦場ではなく、宮廷の戦場の戦士。あらゆる貴顕は恐怖せよ。ほら、窓の外に、もう……
ニンジャガールの忠誠 忍者:そういう名状しがたき表現をするのはどうかと思います先輩、でござる。ニンジャは怖くないでござるよ!
魔:その語尾は必須なの?
忍:勇者さまの世界のニンジャはこういうしゃべり方をするでござる。職人っぽくてカッコイイでござろう? で、オートロというスシを食べて悪いサラリマンに天誅を下すでござるよ!
魔:何か色々混ざっているような……。私の集めた本によれば、忍者というのは昔の時代のスパイの一種で、潜入工作が得意だったらしいけど。
忍:そして見つかったら爆散するでござるね! 拙者も、お館様の為にいつでも命を捨てる覚悟はできているでござる。
魔:(……この娘) そうね。それが貴方の生き方なら、私はいいと思うよ。
忍:だからそのときが来るまで、精一杯オートロを食べさせてくれるお館様に出会いたいでござる(ぐー)。
魔:忍者は食いしん坊。燃費悪し、と。(かきかき)
忍:な、何をメモっておるでござるかー!?

コラム最終回『教えて! 長老さま!』

森の奥に隠れた魔女の庵s
(森の奥の魔女)
こんなところにいた。魔王の紹介が嫌だからって、下水道に逃げ込まなくても。
失われた歴史を知る竜族の長老s
(竜族の長老)
ここまで、スライムがみっしりと詰まっておったであろう。アレをよう抜けてきたものじゃ。
森の奥に隠れた魔女の庵s
焼いてきた。服だけ溶かすスライムとか、制作者は頭おかしい。そういう展開はノーサンキュー。
失われた歴史を知る竜族の長老s
道理でなんだか暑いわけじゃ…… まあ良い。魔女、これを見よ。
森の奥に隠れた魔女の庵s
これは……古い、すごく古い扉。下水道の底に、こんな場所があったなんて。
失われた歴史を知る竜族の長老s
ここはな、今ではその名すら忘れられた、古い古い精霊の神殿よ。ここに誰もたどり着かぬよう、妖精の女王が封印したのじゃ。
この世界には、そのような場所がいくつかある。
森の奥に隠れた魔女の庵s
聞いたことがある。お師匠さまのお伽噺。女神を愛してしまった、悲しい精霊王の話。
私は嫉妬仮面の話のほうが好きだったけど。
失われた歴史を知る竜族の長老s
あの女神に惚れたというだけで、報われないというか、ギャグの香りしかせんのじゃが……
森の奥に隠れた魔女の庵s
あれでも見目は良い。精霊王は面食い? 
失われた歴史を知る竜族の長老s
昔は真面目だったほうに、せめて一票を投じてやりたいのう……。
森の奥に隠れた魔女の庵s
永遠を生きると言われる古い竜が、なおも知らない神話の時代。この神殿は、そんな時代の遺物なんだね。
失われた歴史を知る竜族の長老s
勇者と魔王の戦いは、必然、こういった古い「災厄」を呼び起こすものじゃ。
この扉に勇者がたどり着いたとき、恋に狂った精霊王は解放され、暴威をもたらすじゃろう。それがこのカードじゃ。
魔災:下水道に詰まったスライムを掃除せよ-01複災:狂える精霊王の封じられた扉-01
森の奥に隠れた魔女の庵s
うわ。スライムも災厄なんだ。これって〔LP1〕のプレイヤーがいたらどうなるの?
失われた歴史を知る竜族の長老s
スライムにどろっどろに溶かされて即死じゃな。勇者、スライムに墜つ!
森の奥に隠れた魔女の庵s
『蛮族の戦士』がスライムに絡まれてどろどろのぐちゃぐちゃに……
失われた歴史を知る竜族の長老s
筋肉フェチが何か言っとるが、さっさと『女神のドーナッツ』を食べんか。他にも「災厄」を防ぐ『守護の魔石』もあるしの。
森の奥に隠れた魔女の庵s
勇者といえば、最初のお城の周りでスライムを倒しまくってレベル99にするもの、ってお師匠さまが言ってた。この世界では下水道にもぐるの?
失われた歴史を知る竜族の長老s
餌が豊富で、いつも湿っているから放っておくとすぐスライムが繁殖する。その掃除は、新米勇者の定番クエストじゃ。他にも、『泥棒を捕まえ』たり、『キャラバンの護衛』をしたりな。そうやって、地道にレベルアップしていくのじゃよ。
森の奥に隠れた魔女の庵s
「勇者はつらいよ」っていう小説を書いたら売れそう。初心者用クエストの解説付きで。
失われた歴史を知る竜族の長老s
……まあ、勇者とて、いつもスライムと戦っておるわけではない。
時には理不尽な王命や、大軍勢に立ち向かわなければいけないこともある。
それが「大型」クエスト。すべての勇者で協力して立ち向かう大規模ミッションじゃ! ほれ、勇者っぽいであろう?
複大:オークの大城塞に囚われた神官の少女-01複大:異世界の食文化を普及させよ!-01

失われた歴史を知る竜族の長老s
「大型」クエストに誰かが止まると、全員で挑戦することになる。そして成功したら、報酬は山分け。失敗したら、全員がダメージを受けておしまいじゃ。つまり抵抗の余地のある「災厄」じゃな。
森の奥に隠れた魔女の庵s
スライムを掃除したり、面食いの精霊王を鎮めたり、大城塞に突っ込んだり、異世界メシを普及したり。
最後のはちょっと違う?
失われた歴史を知る竜族の長老s
うむ。他にも『精霊蒸気機関車を開発』したり、けっこう勇者も好き勝手やっておるよ。
彼らには、魔王を倒してもらわねばならん。必要なものなら、我らも協力は惜しまぬよ。
森の奥に隠れた魔女の庵s
勇者だからね。人類の希望だからね。なんというか……貧乏くじ?
失われた歴史を知る竜族の長老s
言うな! まあ、超絶級の貧乏くじには違いない。新しい生を楽しんでいる勇者が多いことが、せめてもの救いじゃな。
森の奥に隠れた魔女の庵s
世界すべてを使った接待プレイというわけだ。
私も、バニースーツとか着たほうが良い? 前屈みになって、谷間を強調して……。こう? この角度?
失われた歴史を知る竜族の長老s
それ以上はいかん! って聞いとらん。
仕方ない、ちょうど落ちていたこの妙に頑丈な角材で、そいや!
森の奥に隠れた魔女の庵s
『すごいバリア』
失われた歴史を知る竜族の長老s
古代の絶対防御魔法!?
……ん? 不発か? こやつ、一撃で目を回しよったぞ。
16、古き精霊の宿る剣
どんな強力な防御魔法でも、一撃★粉砕♪ だよっ! その角材は、精霊王さまが蘇ったときのため、備えていたモノだからねっ!!
失われた歴史を知る竜族の長老s
……この魔力、いや神力は、まさか。いやそんな、あり得んじゃろ?
16、古き精霊の宿る剣
まさかもまさか! 知ってるぅ? それってフラグって言うんだよ♪
ほーら、オドロキの鑑定結果はこちらだよっ♪
世界樹の枝-01
失われた歴史を知る竜族の長老s
アホかぁぁぁぁ!! よりにもよって、天を支える世界樹の枝を! こんなホコリまみれの床の上に、無造作に転がしとくのは、どこのどいつじゃぁぁ!!
16、古き精霊の宿る剣
女神さまがぁ♪ ダイエットの為に素振りしてたけど、飽きたぁって♪
失われた歴史を知る竜族の長老s
うがあああ! ドーナツの食べ過ぎでコレステロール死すればいいのじゃ、あの駄女神!
……ところで、いきなり現れたお主は何者じゃ?
16、古き精霊の宿る剣
よくぞ聞いてくれましたっ! 女神さまが枝を放り込むまで、ココを守ってたのはアタシだよっ♪
古き精霊の宿る剣-01
失われた歴史を知る竜族の長老s
ほう、精霊剣か。精霊王の力を浴びているせいか、お主も相当な魔力じゃな。生半可な使い手では、耐えきれずに内側からぷちっと弾けそうじゃが。
16、古き精霊の宿る剣
ぷちっと弾けたよ! たくさん♪
失われた歴史を知る竜族の長老s
(……現象だけ見れば100%呪いの剣じゃな。だから捨てられたんじゃろか)
16、古き精霊の宿る剣
なになにー? 私の魅力にやられちゃったー? きゃー★ モテる女の子は困るぅ♪
失われた歴史を知る竜族の長老s
……これが「装具」じゃな。装具は「魔石」を消費して獲得することができる。
勇者が強くなるには、レベルアップと、装具を獲得、この2つのパターンがある。どちらを選ぶもお主次第じゃ。
16、古き精霊の宿る剣
問おう、貴方が私のマスターかっ★ だよー♪
森の奥に隠れた魔女の庵s
ん、んんっ、んぅ…… あたま、いたい……
失われた歴史を知る竜族の長老s
魔女はそろそろ起きそうじゃが、最後ぐらいは、儂が締めるとしよう。
このコラムもこれで最終回。駆け足で紹介してきたが、体験
に優るものはない。ぜひ、『オレとオマエの異世界転生』をプレイしてみて欲しいのじゃ。
16、古き精霊の宿る剣
うんうんっ♪ 私を見つけたら、是非装備してみてねっ! 損はさせないぞっ★
失われた歴史を知る竜族の長老s
長らく付き合わせてしまったの。さあ、そろそろ時間じゃ。
勇者よ、旅立ちの時ぞ。
靴を履き。鎧を着込み、兜を被れ。
願わくば、お主の道行きに、竜と魔女と精霊の祝福があらんことを。

あ、女神のはいらんからな。
森の奥に隠れた魔女の庵s
それじゃ、ゲームで会いましょう、勇者様。
で、そこのドラゴンはテールスープにするから。
失われた歴史を知る竜族の長老s
うむっ、儂ともゲームでまた会おうぞ!
それではさらばじゃ! 儂は逃げるっ! 全竜レースで最速と言われた儂の飛行術を見よっ!!
森の奥に隠れた魔女の庵s
おぉ早い。もうあんな遠くに。それじゃあ、ばいばい。―『テレポート』



〈「オレ転」カード紹介〉




魔災:隠れ里で出会った独りぼっちの妖狐-01 古き精霊の宿る剣:……あーそーびーまーしょー?
独りぼっちの妖狐:おや、お主は平気なのかや?
精:この、みっちり詰まった即死魔法の結界のこと? それとも腐食の呪詛?
狐:はじまりは妾の拒絶じゃ。けれども、それより幾星霜。妾の心がとうに変わっても、呪いは消えてはくれぬ。
精:大丈夫! 私は器物だから死なないよ! でも、触れ合うカラダは無いけどね!
狐:それでもよい。話し相手になってくれんか。この滅びた村で、独りで生きるのには、少し飽いた。
精:お話するのはいいんだけど! 私も、光の魔力がないとすぐ消えちゃうんだよねっ!
狐:そうか。残念じゃな。
精:大丈夫っ♪ きっと、きっとね? すぐに、勇者さまが来てくれるって、女神さまが言ってたの!
狐:ほう、それはそれは楽しみよな。妾の死の呪いを超えて、やってくる勇者。そんな者がいるなら、返礼に世界くらい救ってやっても良いかもしれん。
ふふ、さて、どう出迎えてやろうかの……?

コラム第六回「魔王、それは世界の支配者 その2」

三魔王カットイン-01s
※コラム第五回『魔王、それは世界の支配者 その1』のつづきです。
森の奥に隠れた魔女の庵s
(森の奥の魔女)
……あれ? 長老さまがいない。
そういえば、あの魔王の解説はしたくない、って言ってたけど。え? 逃げた?
落ちこぼれの魔王の娘s
ふっふっふ、お困りのようね!
森の奥に隠れた魔女の庵s
……だれ? 角があるから魔族のようだけど。まさかこんなところにまで魔王軍の襲撃?
だったら、私も本気で相手をする。
『地獄より来たりて猛れ獄炎の息吹……ヘルファ
落ちこぼれの魔王の娘s
待て待て待ってって!! そんな大魔法食らったら骨も残らないじゃないの!?
森の奥に隠れた魔女の庵s
だったら自己紹介。早く。はりーはりー。
落ちこぼれの魔王の娘s
私は魔王の娘よっ! お母様の解説なら、私が一番適任でしょ! あのチキンドラゴンの代わりに駆けつけてあげたわっ! 感謝なさいっ!
森の奥に隠れた魔女の庵s
『ヘルファイア』
落ちこぼれの魔王の娘s
!!!?

……あは、あはは、私生きてる? あは、生きてるってすばらしい。あれ、涙が……
森の奥に隠れた魔女の庵s
わざと外した。二度はないよ。
さ、遊んでないで解説に戻ろうか。魔王の、最後の一柱はこちら。
傲慢の王ルリエル-01
傲慢の王ルリエル2-01
落ちこぼれの魔王の娘s
まさに威風堂々。逃げ隠れもせず、最初から出現して「魔王城」で勇者を待ち受ける。王者の風格ねっ!
森の奥に隠れた魔女の庵s
「傲慢の王」。あらゆるものの支配者であり、サディズムの王。そのおみ足に踏まれたい勇者は数多く……ってこの本はなに? 『魔王教団への入信の手引き』って、うわ……
落ちこぼれの魔王の娘s
愚かな人間どもが「傲慢の王」の前に出たら、まともに身動きも取れないわ。ただひれ伏すしかないのよ。良い事書いてるじゃない?
森の奥に隠れた魔女の庵s
「傲慢の王」はその超絶的なカリスマで、最も精強なる魔王軍を率い、あらゆる国家と戦争する。彼女が放つ魔王の力は、他の魔王ほど致命的な効果はないけれど、その効果範囲は絶大よ。
『魔王の蹂躙』も、戦闘時効果も強力。ゲーム自体も長引くから、他の魔王を倒してゲームに慣れた勇者向けかも。
落ちこぼれの魔王の娘s
魔王城が最初から出現している代わりに、〔魔王の覚醒〕が達成されると、全エリアに瘴気の風が吹き荒れるの。勇者ですらも〔DP-2〕されて、魔王城から吹く風に吹き飛ばされる。素敵ね!
森の奥に隠れた魔女の庵s
これを利用してわざと魔王を覚醒させ、ライバルを蹴落とす勇者もいるらしい。きっとそれも魔族の陰謀。
落ちこぼれの魔王の娘s
うう、これが言葉の暴力……、くっ、今の私ではこの女に一矢報いることもできない。それでもせめて、髪の一筋くらいは持っていかないと、お母様に申し訳がたたないわ!
食らいなさい!! 『マナ・バレッ
森の奥に隠れた魔女の庵s
『スリープ』
森の奥に隠れた魔女の庵s
魔族はほんとうにどうしようもない悪人だらけ。魔王だって、あなたたちの事なんて何も考えていないよ。だから……
落ちこぼれの魔王の娘s
うるさいっ! それ以上、お母様のことを悪く言うと……!!
森の奥に隠れた魔女の庵s
なに、この凄まじい魔力と瘴気は……!  まさかこの娘、本当に魔王の!?
落ちこぼれの魔王の娘s
はぁぁぁぁぁっっ!! 食らいなさい!! これが魔王の娘の力よッ!!
名刺・裏-01
落ちこぼれの魔王の娘s
むにゃ…すぴぃ… 見たか、これが魔王にしか扱えない、魔王瘴気の力よぉ…♪
いっけぇ、エターナルコラプトディメンションオーラブレードぉ……すぴー♪
森の奥に隠れた魔女の庵s
なんだか、幸せな夢を見ているみたい。そっとしておこう。

なお、先ほどの夢の産物は、ゲームマーケットの試遊台で使われるそうだよ。
遊んでくれた人、お買い上げいただいた人に、一枚差し上げるので、
導入用に使ってフルボッコにしてあげて。
森の奥に隠れた魔女の庵s
それじゃあ、これで魔王の紹介もおしまい。 コラムもあと1回。最後は、これまで説明できなかったいろんな要素を詰め込んだ『助けて! 長老さま!』だって。
今回逃げ出した分、働いてもらわないとね。
それじゃあ、またね。




〈「オレ転」カード紹介〉




魔女:そは魔王の右腕。幾年月を経たか、ひび割れた漆黒の鱗を持つ老獪なる竜よ。
魔王の復活を誰より待ちし、邪悪なる参謀。あらゆる古き竜よりも、なお古き竜よ。
どうか、どうか私たちに、一片の救いを。
あの姿を見たら、祈りたくなるのも分かる。各地で信仰の対象になっている、下手をすれば魔王そのものよりも崇められている、漆黒の古代竜。魔王と勇者の決戦では、必ず馳せ参じ、呪詛のブレスで勇者たちを苦しめる。その姿は、幾度も伝説に唄われているの。
複:瘴気をまき散らす邪竜を討伐せよ!-01 魔王の娘:あ、タマだ。やっほー、ニンジンいる?
魔:魔王のセンスに重大な欠陥を発見した。せめて犬の名前を…… 
娘:タマはかわいーよ? 人間の勇者なんか、鎧とか剣とか妙な薬とかで全然おいしくないんだけど、お母様のために我慢して食べてくれるんだ。
魔:待って。脳が情報を処理するのに少し時間が。
娘:いいよ。私、タマと遊んでるから。ほーら、取ってこーい!
魔:…………いま、瘴気の風で見渡す限りの樹木が枯れ果てたんだけど。
娘:だからタマを飼うのはたいへんで。勇者がいないときは、廃坑とかに入って我慢してもらってるの。大好物のニンジンも枯らしちゃうから、本人も気にしてるみたい。
魔:私は何も聞かなかった。あれは伝説の邪竜ではなく、ただのでかい黒トカゲ。そういうこと。
娘:みんなもタマと会ったら優しくしてあげてね! 好物は野菜! これ試験に出るから!
魔:私は考えるのをやめた。やめたの。

コラム第五回「魔王、それは世界の支配者 その1」

三魔王カットイン-01s
失われた歴史を知る竜族の長老s
(竜族の長老)
魔王。その存在がどこから来たのか、歴史書を紐解いても一切分かっておらぬ。ただ百年に一度、どこからともなく魔王は現れ、魔族を率いて『魔王軍』をつくり、竜や妖精、そして人間たちを脅かすのじゃ。
森の奥に隠れた魔女の庵s
(森の奥の魔女)
魔王は勇者によって倒される。そんな法則があるのかは分からない。けれど、いつも魔王は異世界から喚び出された勇者によって倒されてきた。あなたは、その一人になる、かもしれない。
失われた歴史を知る竜族の長老s
このゲームの最大の目的は、魔王の撃破じゃ。
魔王カードは2枚に分かれておるが、「魔王決戦」の際には両方を参照するぞ。 判定はクエストのやり方と同じじゃが、魔王はゲーム中ずっと影響する『魔王の蹂躙』と、「魔王決戦」の際に勇者を苦しめる特殊能力を持っておる。
森の奥に隠れた魔女の庵s
なるほど。挑む魔王によって、ゲームの様子がガラッと変わってしまうんだ。
それで、魔王とはどうやって戦うの?
失われた歴史を知る竜族の長老s
魔王カードに書かれている『出現』条件を満たすと、魔王城が現れる。たいていは【魔王の覚醒】と書かれたクエストを解決することが条件じゃな。その「魔王城」で止まると、魔王に挑戦できるというわけじゃ。
魔王城-01他:魔王軍四天王『雷刃のガンヌ』-01
森の奥に隠れた魔女の庵s
勇者さまは、魔王の居城を探すところからやらなきゃいけないんだね。たいへんだ。
失われた歴史を知る竜族の長老s
さて、お主らが立ち向かうことになる魔王を紹介するぞ?
どれどれ、最近の歴史で胎動の気配がある魔王は、と……
暴食の王ベルゼル-01暴食の王ベルゼル2-01
失われた歴史を知る竜族の長老s
「暴食の王」じゃ。しばらくはグースカ寝ておるが、覚醒したとたんの"飢餓の咆吼"は、あらゆる生命に「食われる恐怖」を問答無用で味あわせる。〈LP-2〉も納得じゃな。
森の奥に隠れた魔女の庵s
ねえ。このふる~い歴史書には、「腹が、減ったぞぉぉぉっっ!!」という大音声を聞いた、と書いてあるのだけど。
失われた歴史を知る竜族の長老s
違いない。暴食の名は伊達ではないぞ。奴は、命だけではなく魔力、精気、果ては運命まで食らう化け物じゃ。右手の剣であらゆるものを切り取り、左手の槍で刺し貫き、食すと言われておる。
森の奥に隠れた魔女の庵s
どう見ても、ナイフとフォークだけど。
失われた歴史を知る竜族の長老s
これと戦うには、まず山ほどの美味を用意し、魔王が夢中になっている間に倒すしかない。手札を使うたびに生け贄を要求される能力はそういうことじゃな。
森の奥に隠れた魔女の庵s
ダイス8個に3ダメージ、それに特殊能力まであるんだ。魔王つよい……。
失われた歴史を知る竜族の長老s
ちなみに「魔王決戦」で使用する能力は、常に【最も高い能力】となる。魔王を倒そうと思ったら、勇者を一点特化型に育てていくとよい。逆に「絆」を集めたければ、能力は平均的に高いほうがよいぞ。
森の奥に隠れた魔女の庵s
「暴食の王」は『魔王の蹂躙』の効果は出現時のみだし、じっくり準備して、トレジャーの枚数を揃えれば物量で押し切れる、かな……?
失われた歴史を知る竜族の長老s
分かりやすい能力なので、最初の敵としてプレイするにはオススメじゃな。
森の奥に隠れた魔女の庵s
さて、それじゃあ次の魔王いこう。……あっ。
嫉妬の王レヴィア-01嫉妬の王レヴィア裏-01
森の奥に隠れた魔女の庵s
「しっしっしっ♪ 嫉妬仮面がやってくるー♪ 幸せ妬んで、あなたの影からやってくる~♪」 この歌、私でも知っている。お師匠様が歌ってくれたの。
失われた歴史を知る竜族の長老s
ああ……『嫉妬の魔王』じゃな。その歌ばかりが有名じゃが、こやつは「出現」前から世界中に嫉妬の種を蒔き、人々は幸福な誰かを妬み、攻撃するようになる。群れる人間にとっては最悪の魔王じゃな。
森の奥に隠れた魔女の庵s
え? 人々の妬み、って。嫉妬仮面はほんとうは居ないの? ……お師匠様のお話は嘘だったの?
失われた歴史を知る竜族の長老s
ほれ、この本によれば、『嫉妬の魔王』は勇者の影に分身を潜ませ、幸せの気配があると影からぬるんっ、と現れるそうじゃぞ。ほれ、ようく見れば、王冠がまるでマスクのような……
森の奥に隠れた魔女の庵s
やっぱり、嫉妬仮面はいたんだ……!
「しっしっしっ♪ 嫉妬パンチ! 幸せ許さぬいっちげき~♪」
失われた歴史を知る竜族の長老s
こやつのこんな嬉しそうな顔、初めて見たぞ……
『嫉妬の魔王』を倒すには、彼女の呪いに抗って「幸せ」を得た者を連れていくと良い、と言われておる。まったく、厄介でひねくれた女じゃな。
森の奥に隠れた魔女の庵s
さて、魔王はあと一体いるんだけど、けっこう長くなっちゃったから、その紹介は次回にしようか。
失われた歴史を知る竜族の長老s
おう、あ奴か……。あの女はなぁ、儂の天敵というか。紹介したくないのう……
森の奥に隠れた魔女の庵s
偉そうなロリ枠で被ってるから。
失われた歴史を知る竜族の長老s
違わい!! 次回は「魔王、それは世界の支配者 その2」じゃ! あと一体の魔王の紹介と、それから、さぷらいずもあるのじゃ!
森の奥に隠れた魔女の庵s
楽しみにしてて。それじゃあ、また。




〈「オレ転」カード紹介〉




他:封印の村の巫女-01
魔:あ、チョロ巫女だ。
竜:チョロ巫女じゃな。
魔:【最も高い能力】でダイス2個。すべてのクエストで最も簡単なくせに、〔魔王の覚醒〕を持っている。完全にトラップカードじゃない。
竜:こやつのせいで、いきなり「暴食の王」が出現して大変なことになったり、1ターン目でいきなり「魔王城」が「王城」の隣に出現したりと、いろんな悲劇が起こるのじゃ……
魔:本人は、代々続く巫女の勤めに嫌気が差しているだけの、ふつうの女の子なんだけど。
竜:そりゃあ、産まれた時から一生、封印の維持に祈り続けることが決まっておれば、勇者にすがりたくもなるじゃろうが……。
魔:声を掛けられたらホイホイいっちゃう、素敵なチョロインだよ。
竜:ちなみに〔魔王の覚醒〕を持っている「絆」カードは何枚かあるが、彼女たちは〔EXP〕にできず、捨て札にもならん。死亡しても没収されんので、一度くっついたら一生そのままじゃ。
魔:あれ、なんだか、とたんにヤンデレっぽく見えてきた……
竜:お主も彼女と出会ったら、話を聞いてやるとよいぞ。その結果どうなるかは、勇者の器量次第、じゃな。
魔:なんか今回は真面目でしんみり。明日は槍が降るかな……
  • ライブドアブログ